2020年版 動画編集ソフト トップ3

現在は、動画編集がとても簡単にできる時代です。動画編集用ソフトは、未だかつてないほど、簡単に入手できます。100ドル前後で購入できてしまうのです。どのソフトも使いやすくなってきており、演出効果もより洗練されています。

とはいえ、誰もが簡単に、クオリティの高い動画を作れる訳ではありません。どのソフトを使うか決める前に、自分の編集技術を磨かなければいけません。初心者向けからプロ用のソフトまで色々あるからです。

インターフェイス、ツール、サポートしているフォーマットは、ソフトごとに異なります。色々なソフトの中から、選りすぐりのものをご紹介します。以下のリストをご覧いただき、どのソフトを購入するかに役立ててください。

第3位 Corel VideoStudio Ultimate

ここ数年は、CorelとAdobeが動画編集の世界での二大巨頭となっています。VideoStudio Ultimateは、CorelがAdobeに対抗するために作成された最新のソフトです。非常に分かりやすく、使いやすいソフトになっています。

最新のインターフェイスにより、素早く編集ができ、よりシンプルに動画を完成させることができます。このソフトがあれば、4K動画から360度ビデオまで、何でも編集することができます。また、2000以上のエフェクトも搭載しています。

ただし、Appleユーザーの方なら、このページは無視してください。Corel VideoStudio UltimateはWindowsでしか使えません。ソフトの起動には、Core i3と4GBのメモリが必要ですが、このご時世なら簡単に満たせるスペックでしょう。

 第2位 CyberLink PowerDirector 18

アマチュア動画編集者にとって、ベストな選択肢かもしれません。CyberLink PowerDirector 18 は、アマチュア編集者の間で人気のあるソフトです。Windowsユーザーのための最高の動画編集ソフトとして、よく高い評価がされています。

この製品のメリットは、シンプルさにあります。新しいインターフェイスにより、超初心者からプロまで、誰にとっても魅力的なソフトになっています。

 

高く評価されている機能の一つに、「ソーシャルメディア対応形式でビデオをエクスポートできる」というものがあります。この機能により、動画をネットに投稿する場合、ビデオサイズを調整する必要がありません。ultraまたはultimateバージョンを購入することができ、ultimateはultraより30ドル高いです。 

第1位 Adobe Premiere Elements 2021

全てのカテゴリーにおける絶対的王者はこちらです。Adobe PremiereはAppleとWindowsパソコンの両方との互換性があり、最高の機能を備えています。今回のリストの第1位に挙げるのに、全く迷いませんでした。このソフトには、ほぼ全ての機能が備わっています。

編集を行う際、ユーザーをアシストするために、AdobesのAI技術が導入されています。ガイド付き編集機能は、まだソフトに使い慣れないユーザーにとって、大いに役立ちます。さらに嬉しいことに、たったの69.99ドルで購入できます。